どんなノベルティー?

テレビや雑誌のコマーシャル広告に出す方が効果的と思うかもしれませんが、コマーシャルでは瞬間的にはインパクトを与えることが出来るものの、コマーシャルが流れている期間はほとんど限定されるためインパクトが長続きしないと言います。

もちろんコマーシャルを有効的に利用している企業もいます。ただし長いコマーシャルを流せば膨大な費用がかかってしまうことになります。企業それぞれによって事情は違うものの、ボールペンというノベルティーでも、充分コマーシャルと同じ効果を発揮してくれるかもしれません。

とにかく企業にとっても、受け取る人たちにとってもメリットの大きなノベルティー制作をすることが大事ではないでしょうか。敢えてボールペンだけがノベルティーではありません。しかし企業のみなさんは費用のことも考えて何をノベルティーとして制作していいか判らないというケースが多いでしょう。

子供向けにお菓子や簡単なおもちゃを用意するシーンだって企業は想定しなければならないときがあります。安くノベルティー費用を抑えるというのなら、やっぱりボールペンかクリアファイルあたりでしょうか。ポケットティッシュというのも方法ですが、使い終わるまでの期間が短くすぐに捨てられてしまうのがデメリットかもしれません。